鳴神の少し響みて

こんばんは

稲葉優琉です^^

 

昔から気になっていた歌があるのでご紹介します。

 

 

 

 

鳴神の 少し響みて さし曇り 雨も降らぬか 君を留め

「 鳴神の 少し響みて 降らずとも 我は留まらむ 妹し留めば

 

 

 

 

柿本人麻呂が詠んだ歌です。

率直に綺麗な歌。

現代約すると

 

 

 

雷が少し鳴り響いて雨が降れば良いのに。

そうすれば、あなたをここに留めておくことができるのに

雷が鳴り響いていなくても雨が降らなくとも、

私は留まるよあなたが言うのなら 

 

 

 

 

また少しずつ紹介して行きます^^