不思議体験シリーズ2

2016.7.25

京都御所での出来事。

 

病気に対して手術を繰り返していて、

外出許可が出たので、気晴らしに京都御所を散歩していました。

 

 

 

もちろん恵信さんとは知り合う前のお話。

 

 

 

蒸し暑い夏の日。

 

 

 

それが目当てではなかったけれど、

その日特別拝観の日だったらしくせっかくだからと

足を運んだ。

 

 

歩けないほどではなかったけど

人はそれなりにいておじいさんおばあさんや外国語が聞こえてくる。

 

 

 

京都御所の中、ある場所で足が止まった。

 

 

 

 

周りの人々は目もくれずスタスタ歩いている。

 

 

それもそのはず、特に何か珍しいものがあるわけでもなく、

立ち止まることもない場所。

 

でもなぜか気になる。

 

そこだけを写真に収める。

 

 

当時、自分の霊感に気付いておらず何事もなかったかのように

その場を去ろうとすると、向かい風が吹いた。

 

 

「風いきなり強くなったな〜」

 

「外出時間も決められてるから早めに帰ろ」

 

 

こんな感じでその日を終えました。

 

 

その日から様々なことに変化が起こることを何も知りませんでした。

 

 

〜続く〜